にきび(ニキビ)治療、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)治療:外科手術のデメリット

ナビボタンにきび(ニキビ)治療:外科手術のデメリット

にきび(ニキビ)がひどくなると、切除手術という解決方法があります。]

ただし、これはいくつかのデメリットがあります。

まず、傷跡が残ってしまうことです。

顔や人目に付きやすいところは避けたい方法ですね。

しばらく顔が洗えないという気分的にも大きいデメリットがあります。

これらのにきび(ニキビ)は、場合によってレーザーで治すことができます。

レーザーの場合は傷跡が残ることはほとんどなく、洗顔もできます。

一考の余地のある選択肢かもしれません。

ただし、重症の場合は、レーザーを使うと回数は多くかかるかもしれません。

また、かさぶたができるなど回復に多少時間がかかることがあります。

copyright©にきび(ニキビ)治療、ひと口メモAll Rights Reserverd.