にきび(ニキビ)治療、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)治療:光線力学療法

ナビボタンにきび(ニキビ)治療:光線力学療法

PDPともいいます。

もともとは、がんの治療に使われていたものです。

アミノ酸であるアミノレブリン酸が選択的に皮脂線に取り込まれる性質を
利用したにきび(ニキビ)の治療法です。

治療に当たってはまず、アミノレブリン酸を飲みます。

そうすると、アミノレブリン酸が、皮脂腺に取り込まれます。

アミノレブリン酸はポルフィリンという物質を作る性質があります。
ポルフィリンは、光を浴びると活性酸素を作るので、肌に光を当てます。

大量の活性酸素が発生するので、アクネ桿菌をはじめとした菌を
全部殺菌してしまいます。

ポルフィリンの性質を使ったにきび(ニキビ)治療は、
クリアタッチやクリアライトといったものにも応用されています。

しかし、アクネ桿菌には使えても、別の菌には使えないものでした。
このPDPが画期的なのは、他の菌も一緒に退治してくれるところなのです。

copyright©にきび(ニキビ)治療、ひと口メモAll Rights Reserverd.