にきび(ニキビ)治療、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)治療:圧出

ナビボタンにきび(ニキビ)治療:圧出

にきび(ニキビ)を早く治すために、皮膚科やエステで圧出ということをします。

これは、要するに皮脂を押出すものです。

エステや医院で行う場合は、熟練した人が行いますので患部を傷めたりする
ことはありませんが、自分でやるのはできるだけ避けましょう。

失敗すると跡が残ってしまいます。

皮膚科で行う場合、まずレーザーを使います。

にきび(ニキビ)の頂点にレーザーで小さな穴を開け、器具を使って皮脂を押し出します。

レーザーは、熱を持っていますから、毛穴にいるにきび(ニキビ)菌を一掃します。
次に角栓(コメド)と皮脂をコメドセッシという器具で押し出します。
にきび(ニキビ)に繁殖しているアクネ菌は空気を嫌うので、にきび(ニキビ)に穴をあけることで
活性を抑え、結果として炎症を治めます。

穴があくことで、物理的に膿やコメドが出やすくなり、
早く治るというメリットもあります。

この処置をすることで、何度も化膿を繰り返すことはなく、
跡が残ることもありません。

copyright©にきび(ニキビ)治療、ひと口メモAll Rights Reserverd.