にきび(ニキビ)治療、ひと口メモ・ホーム >>

にきび(ニキビ)治療:内服薬

ナビボタンにきび(ニキビ)治療:内服薬

にきび(ニキビ)が長引いてくると、内側からのアプローチが必要です。

内服薬は、赤にきび(ニキビ)や、膿にきび(ニキビ)になると必要になります。

この状態になると、いろいろな菌が繁殖していますから、
抗生物質を内服したほうがいいでしょう。

にきび(ニキビ)に処方される抗生物質としてはテトラサイクリン系、
マクロライド系が一般的です。

ですが、薬には副作用がありますから、
処方される薬は個人の体質や薬の飲み合わせによっても違います。

また、抗生物質は強い薬です。

長期間同じ薬を飲むことは危険です。

にきび(ニキビ)が落ち着いてきたら、減量していきます。

抗生物質の中には殺菌作用の他に皮脂の分泌を抑えるものもあります。

殺菌能力がないくらい微量をしばらく処方して、
皮脂の量をコントロールすることもあります。

他の内服薬として、ビタミンB2、B6、Eなどもあります。
これらビタミンは処方されますが、ホルモンをにきび(ニキビ)治療では使いません。

copyright©にきび(ニキビ)治療、ひと口メモAll Rights Reserverd.